2013年08月27日

おちりをピトッっと

きいのことではないのですが
7月20日に「狭窄性腱鞘炎(ばね指)」の「腱鞘切開手術」の予約をしに行く朝に
持病の椎間板ヘルニアが悪化し歩行困難状態で何とか病院に行き
ばね指の手術の予約とヘルニアを診てもらい
7月26日に「腱鞘切開手術」を行い、右手が使えない状態になり
神経系に作用する強い薬も全く効かず腰痛で思った様に体も使えないなか
かーちゃんが虚血性大腸炎で緊急入院してしまい
8月9日には右手は抜糸できたのだが、腰痛は全く改善せず
夏季連休を利用して有名な医者の居る病院にかかってきました。
結果、「手術しなくても自然治癒します。」との事でした。
椎間板ヘルニアが自然治癒するなんて初めて聞いたので
別のクリニックで相談したところ
「今は自然治癒が主流で昔みたいに直ぐ手術は行わなくなりました。手術は根本的な恒久治療では無く、
術後もその上下の椎間板がダメージを負い、お勧めしませんよ」
と言われました。
自然治癒は時間もかかり、その間、ずっと強い痛み止めの薬の服用が必要になります。
8月27日現在、歩行は問題ないのですが、腰を曲げて足元の物を取る様な事は未だにできません。
かーちゃんも一週間で退院し、今は元気になりました。
話がだいぶ脱線しちゃいましたが
弱っているかーちゃんととーちゃんが床についていると
いつの間にかに傍に来ておちりをピトッときいちゃんが看病してくれてました。
8月25日には月一回のトリミングに行ってきました。
トリミング前
t02200165_0400030012661365093.jpg


トリミング後
t02200220_0500050012661365094.jpg


猛暑の間、深夜の散歩でも道の温度が高いのか散歩から帰宅するとエアコンで冷えたビニールマットの上でお腹を冷やします。

お腹クールダウン中
P1140608.jpg


家の中は常に26度24時間エアコンON状態なのできいちゃんには快適ですが
外はわんこにとって非常に厳しいと思います。
時間も距離も気を付けなければなりません。

呼ぶと跳ね起きフテ顔です。
P1140631.jpg


今年は庭に綺麗な鉄砲百合が20輪以上咲き乱れました。
さくらちゃんにお供えしました。
P1140644.jpg


来年は山百合に挑戦します。

きいちゃんに看病してもらったおかげでとーちゃんも何とか歩けるようになり
かーちゃんも元気になったと思います。
そしてさくらちゃんも直ぐ傍で見守ってくれていたと思います。
さくらちゃん
きいちゃん
本当に有難う。




ニックネーム おさたん at 20:52| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする