2017年02月11日

年末年始の事

年末年始の事を端折って書きます。

きい坊ちゃんが12月30日から全身をカイカイしていた。
程度としてはあちこちポリポリ、カミカミ赤みが出る程でした。
元旦2時に寒川神社に初詣に行き、4時に帰宅、そのまま就寝
同日、起床すると茶褐色(フード色)の泡の嘔吐を発見し
いつもより朝食が遅いので胃液を嘔吐したのかと思い
普段と同じ様に朝晩オリジン6フィッシュ15g+id15gの
計30gを与える。
明け2日、1時〜4時の間に茶褐色(フード色)の泡の嘔吐を
3回し最後の食事から12時間絶食
同日、12時間後にidの缶詰め(ウエット)を半分量50gを
与える。
同日20時に白色(id)泡の嘔吐をし、はな坊ちゃんのご飯の
用意を目の前でしても寝たきりでグッタリしていた
今迄にそんな事は無かったし初めて症状だったので
相模原と平塚に有る、夜間救急動物病院に電話し
平塚の方が近いので平塚の病院に23時に来院
脱水気味なので血液検査後、皮下点滴、吐き気止め、
抗生物質の注射し正月、夜間と言う事も有り、明け4時に帰宅
昼迄、様子を診て、症状が改善せず、グッタリしていたので
正月でも開院している病院を電話で探し厚木の
プリモ動物病院に3日14時〜来院し触診、血液検査後、
皮下点滴、吐き気止め、ステロイド注射し17時に帰宅
絶食が48時間近く経過していたので万が一、吐き出し易い様に
プリモで処方された栄養汁(クリティカル リキッド)を
2時間置きに5tずつ与える、18時、20時、23時、3時と4回与え、
吐き出さないのを確認し、量を増し与え少し回復に
向かっていたが、前日、プリモの先生に良し悪しに関わらず、
来院して下さいとの事で4日14時〜再度、プリモに来院し、
前日の量を少し減らし、皮下点滴、吐き気止め、
ステロイド注射し18時に帰宅
様子を診て、良ければ処方されたidの缶詰め(ウエット)
ショート缶の4分の1と栄養汁を19時、21時、23時に与えた。
この頃には空腹で体調も回復したのか、ご飯ご飯と言って
来る様になり、明けて5日の朝一で掛かり付けの病院が
開院したので夜間救急動物病院の当直獣医師と
プリモの獣医師からの申し送りを掛かり付けの病院獣医師に渡し、触診、血液検査、レントゲン、エコー、膵炎検査を行い
皮下点滴、吐き気止め、ステロイド注射し帰宅。
ご飯もidの缶詰め(ウエット)ショート缶の4分の1〜2分の1に段々と増やし、明け6日はとーちゃん仕事始めなので
かーちゃんに掛かり付け病院に連れて行ってもらい
皮下点滴、吐き気止め、ステロイド注射をし、
中一日明け8日も朝一で掛かり付け病院で診察してもらい
今後、8日間飲み薬でと言う事で、その日から体重に合わせた
食事量迄、段々と増やし、今に至ります。
今はご飯ご飯と騒ぎ立て、大分、元気になりましたが、
お留守番後におもちゃをブンブン振り回す迄は
未だ回復していない様子で、全快時の8割程度迄、
回復した様に思います。
結局、何が原因かも解らず、何が悪かったも不明で
掛かり付け獣医師の所見は何かしらのアレルギーでは?
との事でしたが、全く同じ様に生活していたし
食するものも何も変わってないし、本当に何が何やら
解らない事尽くめの状態でした。
通院時、同じ様に沢山のわんにゃんが来てましたが
「しゃべってくれたら本当に良かった」と言ってました。
普段から様子を観て、毎日、全身のナデナデしながら
触診していても、こんな事が有るのがわんにゃんで
本当にヤキモキさせます。
未だ体力を奪う様な事はしたくないので、
きい坊ちゃんのお口の下はゲボの香りで頭は酢昆布香り、
お腹周りはきい坊ちゃんまったり香でいっぱいです。
きい坊ちゃんが完全復活してくれる事を願うばかりです。
1/10現在、帰宅時におもちゃブンブンが少し復活しました。
1/11現在、ご飯準備中はわんわん要求する様になりました。
ほぼ完治と言って良いと思いますが、
週末分まで飲み薬があるので、これを飲み終えて
完全完治だと思います。
1/13にはお出迎え時やご飯準備時、元気に走り回れる様に、
完全完治しました。
月末にトリミングが有るので、前日、シャンプーをする
予定したが、きい坊ちゃんのお口周りからはゲロの酸っぱい
発酵臭・・・
頭からは酢昆布臭、お腹からはきい坊ちゃん臭、背中は油ギッ臭
全身のお毛毛はつんつんしてたので急遽、洗車をしました。
当人、洗車後も元気だったのですが、
未だ歯磨きガム等の消化の悪いものは与えません
1/16週からは缶詰めウエットid120g+wdドライ15gを
与え始めました。
缶詰めを一箱買いしたので、段々とドライ率を上げて
完全ドライフードを目指します。
主食のオリジン6フィッシュも油が強いので良いものが有れば
変えていく予定です。

今回の教訓で
救急夜間動物病院もですが、年末年始、昼夜間開院している
病院を確保しておく事は絶対必須だと思います。
療法食のストックはあったのですが、食べさせられない時に
舐めさす栄養汁も買える処も探しといた方が良いと思います。
誰より何より、一番近くに居る私が少しの変化点も見逃さない
様にしなければなりません。
親の不安は子(わんこ)にも伝わりますので、内心焦っていても、気丈に振る舞う様にすれば子も安心すると思います。
守ってあげるのは親ですが、その原動力はわんこ(子)何で、疲れてなんかいられません。

メモをみて書いたので文章がおかしいですが
2月10日現在、120パーセント完全回復plusα状態で元気にしてます。
P1240830.jpg

P1240870.jpg

P1240897.jpg

P1250075.jpg

P1250076.jpg

P1250156.jpg

P1250265.jpg

P1250315.jpg

P1250325.jpg

P1250365.jpg

P1250383.jpg

P1250435.jpg

P1250509.jpg

P1250529.jpg

P1250539.jpg

P1250730.jpg

P1250736.jpg

P1250776.jpg

P1250866.jpg

P1250916.jpg

P1260007.jpg

P1260072.jpg

P1260096.jpg

P1260117.jpg

P1260133.jpg

P1260235.jpg

P1260247.jpg

P1510161.jpg

P1510183.jpg

P1510221.jpg

P1510231.jpg

P1510251.jpg

P1510300.jpg

P1510301.jpg

P1510402.jpg

P1510406.jpg

P1510419.jpg


今日も元気で本当にあ(・∀・)り(・∀・)が(・∀・)と(・∀・)う!
何でもない日常が一番の幸福ですね。
ニックネーム おさたん at 00:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする