2017年09月26日

心臓

前回更新から代わり映え無く、平和に過ごしていたのですが

9月18日水曜日17時40分頃、帰宅し
何時もの様にきい坊ちゃんとはな坊ちゃんが
リビングから玄関に熱烈お出迎えしてくれ
はな坊ちゃんだけが書斎で着替えようとする私の足元にきて
あれ?と思い、リビングに向かう廊下の途中できいちゃんが
まるで猟銃で撃たれたかのように横たわっていたので
何事だと思い、きいちゃんを抱え上げたら
首は背中の方に仰け反り、四肢が全て伸び切った状態で
白目をむいて胸に手を当てて心臓の鼓動が無かったので
人間と同じ様に胸を圧迫しながら、名前を呼びながら
背中をポンポンすること1分〜2分位だったと思うのですが、
段々と意識を取り戻し、少しグッタリしていたので
ソファーに座り、きい坊ちゃんを抱きかかえたまま、
摩ってました。
よりによって、水曜は家から徒歩2分の掛かりつけの病院が
休みなので、遅くの時間迄、開院している病院に行き、
診察してもらいました。
現状、心音は心雑音が有るが、今は異常なし、心拍、血圧共に異常なしと言う事で、色々な経緯や持病の心臓の事、
今回の症状をから察すると心臓の状態があまり良くなく、
今迄、ギリギリの薬量で調整していたのですが
コントロールできない状態なのでは?と言う事で
その日は帰宅し、次の日の朝一で掛かりつけの病院で
心雑音は8月より悪くなっていて、エコー、レントゲンで
心臓が8月の時より、肥大が一気に進んでいることが解りました。
やはり薬量が足りなくなってきたので薬量を増やし
コントロール出来る様にと帰宅しました。
それから6日目の本日、かーちゃんが買い物から帰宅し
熱烈歓迎後、リビングで苦しそうな高い声で3泣聞こえたので
確認したところ、フラフラパタッっと倒れ
首は背中の方に仰け反り、四肢が全て伸び切った状態だったので
摩りながら声をかけて20秒位で元に戻ったので
直ぐに掛かりつけ病院に駆け込み、診察してもらい
注射をして帰宅しました。
再度、明後日木曜日に通院し、
再度、投薬量を調整する事にしてます。

兎に角、初めての事ばかりで吃驚しました。
固まった後は元気に普通に過ごしてます。

今回の症状でてんかん?っと思ったのですが
てんかんの場合、耳の中やベロ、口中は白くならないそうなので
心臓が肥大し、血液を流す量が減って、
酸欠状態になったと言う事らしいです。

固まったときにウンチが出ちゃうのは、てんかんでも有るので
この辺の判断が結構、難しいようですが
きい坊ちゃんの場合は
心臓が悪く、固まった時にベロや耳が真っ白になり
興奮した事で急に血流量が足りなくなり、倒れたという事です。

出来る対策は先に述べたように投薬量の調整、興奮させないという事です。
出かけるときはリビングから玄関の廊下の扉を閉め、興奮して走らない様にする。
帰宅時はそーっと帰宅する位しかないそうです。

今も足元できい坊ちゃんがめんこい顔でこちらを見てます。
何とか苦しい状態にならない様に対策をしていきます。
P1260336.jpg

P1260507.jpg

P1260538.jpg

P1260634.jpg

P1260640.jpg

P1260745.jpg

P1260754.jpg



ニックネーム おさたん at 21:24| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする