2018年01月26日

傍に

1月21日にはなちゃんだけシャンプーをした時に
2回、後ろ脚に力が入らず崩れる様に倒れそうになりました。
一日中、乾いた咳、湿った咳、アヒル咳、
咽も多くなってきました。
本日、きいちゃんのトリミングなので、
はなちゃんのレントゲンを撮り
肺の腫瘍が前回、撮影比較で倍に大きくなってるのを
確認しました。
お腹の張りが気になっていたのですが
腹水では無く、腫瘍が大きくなり、他の臓器を圧迫していて
腫瘍の有る方の肺は殆ど、機能してない様子の上、
もう一つの肺は持病の心臓肥大で圧迫され、
相当、苦しいと思いますと診察されました。
観た感じでも、苦しいのは十分に解ります。
ふっと獣医さんが
「開腹できればぽろっと取れそうだけど、
心臓の事も有り、体力が無いよね」と言ってました。
私も一瞬、開腹し、切除をとも思いましたが、
やっぱり全身麻酔で逝ってしまったらたと過るのです。
何とかならないのかと毎日、毎晩、考え、思えば思うほど、
涙が出てきます。
悔しい気持ちです。

寝れない事よりもはなちゃんが辛い思いをしていながらも
おやつ、ごはん、事有る毎にニコニコ笑顔で元気に
走ってくるのを見ると、愛おしくて愛おしくて気持ちが
抑えられない事です。
なんでこんな事になるんだろう、
神も仏も有ったもんじゃないよ
無力な自分に出来る事と言えば
精一杯生きてるはなちゃんと一緒に過ごし見守るだけなのです。

1月26日、朝、きいちゃんがチアノーゼ状態になり、
速攻で病院に連れて行きました。
獣医さんが
「気候とかストレスとかも有るとおもう、
今迄、気が付かないで軽いのは有ったと思う」と言ってました。
ただただ切に少しでも穏やかな日が続くことを願います。

DSC_4618.jpg


DSC_7103.jpg


DSC_7371.jpg


DSC_7357.jpg


DSC_7130.jpg


DSC_6719.jpg

ニックネーム おさたん at 22:38| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何度も読み返して、どうお声をかけていいのかと考えていました。本当に、こころからはなちゃん、きいちゃんの穏やかな毎日を祈ります。少しでも長く、少しでも穏やかに、パパさんとママさんと一緒に…顔(泣)
Posted by ともちん at 2018年02月04日 17:23
ともちん様へ
コメント有難うございます。
一日一日大事に一緒に過ごす為、家に居るのですが
2わんこのネムネムビームで先程まで寝てしまってました。
その間、はなも咳をせず足元で安静に睡眠し、
いつの間にかにきいも脇の下にぴっとりくっついて添い寝ってました。
これも幸せな事ですね。
Posted by おさたん at 2018年02月04日 20:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。