2015年04月11日

良い娘だねぇ〜

更新が滞ってますが
はな坊ちゃんはとっくに完全抜糸し元気いっぱいに過ごしてます。
4月11日のお腹の手術跡です。
DSC_3361.jpg


過去の写真も交えながら
ひまわりはなちゃん
DSC_3141.jpg


今日の夕方、きい坊ちゃんとはな坊ちゃんのフェラリアの薬を証してもらいに通院し
気になる事は有りますか?問診されたのできい坊ちゃんの事を話し、急遽、エコーとレントゲン検査をしました。
大分前から気になっていたのですが
僧帽弁弁膜症と診断されました。
今現在、心臓が大きくなってる状態と言う事です。
心雑音に関しては我が家の娘になってから直ぐに病院に行った時から
少し有ったのですが心雑音も少々と言う事です。
先生から気が付かないで寿命を迎える子もいるんですが
見つけちゃいましたねと言われました。
この頃、ご飯や歯磨き、おやつ以外は殆ど寝てます。
仕事で出かける時に寝ていたまんまの状態で帰宅時も居る事も有ります。
10回に1回はお迎えの乱舞をしなくなりました。
散歩はうちの娘になってからあんまり歩かなかったのですが、
この頃はしっこやうんちをしたら家の方向に帰ろうとし、
途中で歩かず石になったりするのでカートに乗せる事も多くなりました。
と言う事で本日から心臓のお薬を処方されました。

診療結果にまたまたくらくらっとしましたが
下記のリンク先を見て色々と気を付けなくてはいけないと思いました。
http://vetsheart.com

そんな中で一番、心に残ったのが

「大丈夫かな」よりは「大丈夫だよ」
「かわいそう」よりは「お利口だね」
「死なないで」よりは「大好きだよ」と言う事でした。
私達が暗いときい坊ちゃんはなぼうちゃんも心配しちゃいますからね。
元々、うちは凄くマッタリ生活していたので
激しい運動もしたことないし
家でのお迎え乱舞は制御しようが無いでしょうと先生に言われたし
特に今までの生活を変える必要が無いとの事です。
ただこれからお薬を飲み続ける事になります。

1.jpg

2.jpg

3.jpg

4.jpg

5.jpg

6.jpg

7.jpg

8.jpg

9.jpg

10.jpg

11.jpg

12.jpg

13.jpg

14.jpg

15.jpg

16.jpg

17.jpg

18.jpg

明日は天気が良ければドックカフェで放牧させる予定です。

まだまだすっとこれからも一緒にまったり過ごしましょう。



ニックネーム おさたん at 22:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月08日

手術

今週中頃にきい坊ちゃんとはな坊ちゃんの通院でした。
きい坊ちゃんは膣炎の症状が改善されてきたので
お薬の回数を減らす事になり
はな坊ちゃんは定期健診で右頭側の乳腺に急成長したしこりを発見し
急遽、明日月曜に入院、検査、全摘手術をする事になりました。
今回は先生も早めの切除が良いと言う事で
そのしこりだけを切除予定でしたが、悪性なら全摘になると言う事で
はじめから全摘でお願いする事になりました。
前回手術から2か月しか経ってないので、その辺の事も
じっくり話し合ってきめました。
今回もはなちゃんの驚くべく回復力を信じております。
そんな訳で金曜にきい坊ちゃんとはな坊ちゃんシャンポーしました。
シャンポーするよーと声をかけた瞬間、きい坊ちゃんはどよよんし
はな坊ちゃんはお耳を立てて「聞いてないよ〜」と言ってましたが
さっくさっくとシャンポーしちゃいました。

シャンポー前の2人
DSC_1790.jpg

DSC_1798.jpg

DSC_1873.jpg

DSC_1886.jpg

DSC_1964.jpg

DSC_2024.jpg

DSC_2091.jpg

DSC_2128.jpg

DSC_2210.jpg

DSC_2505.jpg

DSC_2617.jpg

DSC_2630.jpg

DSC_2674.jpg

DSC_2679.jpg


シャンポー後ですが・・・
DSC_2705.jpg

DSC_2786.jpg

DSC_2864.jpg

DSC_2907.jpg

DSC_2939.jpg

DSC_3052.jpg

DSC_3063.jpg


4月12日に仔犬のワルツに行く予定でしたが
今回はキャンセルを致しました。
元気になったらまた一緒に行きます。

はな坊ちゃんは
明日、月曜の11時に検査、手術、入院になります。
何もなければ火曜に退院予定です。
どーか何事も無く手術を終え、元気に退院してきて下さい。
(元気にとは言っても傷口が大きいので絶対に痛いはずなのですが・・・)













ニックネーム おさたん at 12:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月15日

また〜り

1月の写真ですが
P1460870.jpg

P1460930.jpg

P1460970.jpg


今日のおしゃんぽにて
P1470065.jpg

P1470091.jpg

P1470099.jpg

P1470109.jpg

P1470143.jpg


今日はちょっと早めの夕方のおしゃんぽ




2人でカートではいぽーじゅ
P1470147.jpg

P1470192.jpg

ニックネーム おさたん at 21:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月13日

約術後ひと月経過

はな坊ちゃんは術後、約ひと月が経過しました。
先々週に半分抜糸し先週全部抜糸をしました。
DSC_1716.jpg

抜糸前のエリカラはな坊ちゃん
DSC_1077.jpg
DSC_1182.jpg

どこ吹く風と温風を浴びまくるきい坊ちゃん
DSC_1069.jpg

相変わらずベロだしきい坊ちゃん
DSC_1162.jpg

DSC_1206.jpg

そんなきい坊ちゃんも尾っぽの裏側がカピカピニになる位、おまたから粘液が出ている事に気が付きました。
今思えば、その症状は3か月前位にトリミング後なのに一日で尾っぽの裏側がカピカピになり、
べろべろしているんだろうと深く考えてませんでした。
しかし1月26日に茶色のマシュマロベットにベットリ粘液(膿?)が着いているのを発見しました。
それがきい坊ちゃんのおまたから出ている事に気が付きました。
ネットで色々調べると
子宮蓄膿症が多くヒットしました。
それを読んでいてクラクラしました。
きい坊ちゃんがうちの子になった時には避妊手術を行っている事は知っていたのですが、
子宮全摘か卵巣切除かどちらか解らず、どんどん不安が高まっていきました。
居てもたっても居られず、明けて直ぐの朝一に病院に連れて行きました。
血液検査、エコー検査、レントゲン等、出来る限りの検査をお願いしましたが
その検査では子宮の有無が確認できず、
血液検査では元々、白血球数値が標準より低めと言う、いつもと変わらない結果でした。
行き違う様に会の方から連絡を頂き、子宮全摘の避妊手術と言う事が解り、電話で獣医にお伝えしました。
結果としては膣炎と診断され抗生物質を3週間程、処方してもらい今では症状が皆無になりました。
完治かどうかは未だ解らないのですが、来週、通院までに症状が出ない様で有れば完治と言う事になりそうです。
本当に肝を冷やす思いでした。
きい坊ちゃんはそんなに若くない(獣医推定で8歳?)ので手術を必要とする様な大病だったらと一晩全く寝れませんでした。
毎日、隈なく診ている様で、見落としが有る事を痛感しました。
兎に角、異変にはもっと敏感に気が付いてあげなくてはいけないと思いました。
一安心のきい坊ちゃん
DSC_1288.jpg

完全抜糸し一体化アンモナイトなきい坊ちゃんとはな坊ちゃん
DSC_1327.jpg

DSC_1368.jpg


チロベロきい坊ちゃん
DSC_1412.jpg

大あくびきい坊ちゃん
DSC_1420.jpg

エリカラが取れてすっきり快適なはな坊ちゃん
DSC_1476.jpg

見つめるきい坊ちゃん
DSC_1493.jpg

エリカラが取れて一緒に寝る事を許すきい坊ちゃん
DSC_1503.jpg

つーしょっと1
DSC_1529.jpg

つーしょっと2
DSC_1588.jpg

つーしょっと3
DSC_1626.jpg

ヌーンなはな坊ちゃん
DSC_1655.jpg


術後、体重減を補う為に高カロリーのペーストをペロペロさせて
はな坊ちゃんは4.8kg
膣炎のせい?で体重減したきい坊ちゃんの体重が4.1kg
2わん共に同じだけご飯もおやつもペーストもペロペロさせていたのに
きい坊ちゃんは痩せちゃいました。
毎年の事ですが、きい坊ちゃんは夏に太り、冬は痩せちゃうんです。
2わんともに食欲は無限大なので調整しながら体重管理と体調管理に気を付けたいと思います。







ニックネーム おさたん at 23:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月25日

はなちゃん手術

1月15日にはなちゃんが手術をしました。
術名は乳腺切除手術+耳、首の腫瘍切除手術です。
はなちゃんの左乳線に大小7個程、腫瘍が見つかり
首と耳みも腫瘍が有った為、切除しました。
知っているとは思いますが腫瘍の悪性良性は50パーセントの確率で
結果、頭と尾っぽに近い、所の腫瘍、お耳、首の腫瘍は良性で
2番目と3番目の乳首の間に有った一番小さい物が悪性でした。
病理検査の結果、取り切っていると言う事ですが
今後も要経過観察です。
今は無事に手術から元気に帰ってきたことだけで良かったと思います。

話が前後しちゃいますが
15日の午前中にはなちゃんを病院に連れて行って
手術前の最終検査を行い、
午後、手術をして16時には麻酔が覚めたと連絡が有り
かーちゃんが17時頃、病院に面会に行きました。
めっさ鼻なきし術後とは思えない位、ステンレスのケージで
ばたばたしてました。
とーちゃんも終業後、18時に面会に行った時も
めっさ鼻なきしゲージに噛み噛みして「とーちゃん!とーちゃん!」と
言ってました。
そんなはなちゃんの姿をみて、とーちゃん目頭が熱くなり
「良く頑張ったね、良く頑張ったね」と何度も言いました。
獣医師が吃驚する位、元気で、
この様子だと帰宅した方がはなちゃんにとって最良と言う事で
明日(16日午後に)退院しましょうと言う事で
一日だけ入院し、明けて16日の18時に退院しました。
帰宅後に痛みが出たのか?、安心したのか?ベットで横たわって
大人しく寝てました。
かーちゃんが帰宅した時も痛いのに廊下の中扉までお迎えに行ってました。
術後なのでずっと一緒に居てあげられる様に
17日(土)、18日(日)はとーちゃん休み
19日(月)、20日(火)、22日(木)、24日(土)はかーちゃん休み
21日(水)、22日(木)、23日(金)、24日(土)、25日(日)とーちゃん休みで常に一緒に居ました。
通院は2日に1回、消毒と経過観察で通ってます。
術後の経過も順調ですが、抜糸までは未だ予断を許しません。
はやく傷が完治する事をせつに願います。
今現在のはな坊ちゃんはエリカラにも慣れ、あんまり動き回ってほしくないのですが、家中、とーちゃんとかーちゃんのストーカーをしてます。
きい坊ちゃんは何処吹く風?といつもと変わらずベロ出して寝ております。

きいぼうちゃん寝
DSC_0228.jpg

DSC_0017.jpg

DSC_0055.jpg

DSC_0081.jpg

DSC_0152.jpg


マシュマロベットに載るきい坊ちゃん
DSC_0049.jpg


手術前日のはな坊ちゃん
DSC_0001.jpg


エリカラはな坊ちゃん
DSC_0059.jpg

DSC_0065.jpg

DSC_0108.jpg

DSC_0256.jpg

DSC_0300.jpg

DSC_0312.jpg

DSC_0498.jpg

DSC_0533.jpg

DSC_0579.jpg

DSC_0612.jpg

DSC_0657.jpg

DSC_0678.jpg

DSC_0858.jpg

DSC_1005.jpg

DSC_1052.jpg


たまには起きてるじょのきい坊ちゃん
DSC_0482.jpg

DSC_0521.jpg

DSC_0670.jpg


本日、シャンポー後のきい坊ちゃん
DSC_0960.jpg

DSC_0982.jpg


ずっと思っていて、うまく表現できないのですが
私達、人間には家族、友人、趣味や遊び仕事等、
沢山の出来事や一番が有ります。
しかしきい坊ちゃん、はな坊ちゃんには家族であるとーちゃんとかーちゃんが一番なんです。
こんなに純粋に一点の曇りも無く真っ直ぐに思ってくれているんです。
さくらちゃん、きい坊ちゃん、はな坊ちゃんが家に来てくれた時は
本当に嬉しくて愛おしくて仕方が有りませんでした。
休みの時だけでなく、出来る限りずっと一緒に居る(一緒にまったりしているだけなのですが・・・)だけで本当に幸せです。
カートに乗せてお散歩に出かける時も、乗り気じゃないきい坊ちゃんもはな坊ちゃんも帰宅すると家中を走り回り嬉しさが溢れています。
とーちゃん、かーちゃんが帰宅した時も家中を走り回り嬉しさが溢れています。
ゴミ捨て等、1分位留守にして帰宅しても家中を走り回り嬉しさが溢れています。
ご飯の時もおやつの時も、お風呂から出た時も、トイレから出た時も喜んでくれます。
本当に本当に愛おしいです。
まとまりが無い話ですがさくらちゃん、きい坊ちゃん、はな坊ちゃんのおかげで生活にはりがあります。

今回の手術も最後の最後迄、迷いました。
手術するなら若く元気な今と思うまで、時間が掛かりました。
寝れない日々が続きました。
部分的に切除?片方切除?両方切除?
もっと腫瘍が大きくなるまで様子を診る?
歳を重ねて高齢になった時だったらどーするか?
手術に耐えられないかもしれないのでやめる?
手術による感染症でもっとひどい事になってしまう?
痛い思いはさせたくない!
もしそれで虹の橋を渡ってしまったら
手術しておけばと後悔すると思いし
手術して耐えられなく、虹の橋を渡ってしまったら
手術しなければと後悔すると思うし
命に関しては割り切りができません、
どんな処置をしてもしなくても絶対に後悔すると思います。
最後の最後まで今、はな坊ちゃんにとって無理なく
最良な処置と言う事をお願いしました。

本当に褒めたいのははな坊ちゃんが術後、目が覚めて
家に帰宅できた事です。
何でもそうですが絶対は決して有りません。
だからこそ元気な今、一分、一秒を大事にしていきたいと思います。
何が出来る訳でもないのですが、ずっと一緒に居たいです。
こんな気持ちでいても、一日中きい坊ちゃんとはな坊ちゃんとダラダラゴロゴロしているだけなのですが・・・・・・・・
言い訳じゃないですが・・・・・・・・
でもこれが一番幸せなんです。


この下にはな坊ちゃんの傷の写真があります。
痛々しく、生々しいので閲覧注意です。










































































































































お耳
DSC_1047.jpg

お腹
DSC_1046.jpg




ニックネーム おさたん at 01:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする